Supplement・
Other Items
サプリメント・その他

Supplementサプリメントとは

医療用の品質の良いサプリメントを提供しております。

ビタミンD

ビタミンDの作用は、小腸や骨に作用し血中カルシウム濃度を維持、小腸粘膜上皮へ作用し細胞成熟を促進、免疫系の賦活、細胞増殖阻害(がん治療)などがあります。ビタミンD投与によって風邪やインフルエンザ症状の発生率を下げるというデータもあり、COVID-19対策には重要な栄養素です。血中濃度を測定して必要な量を摂取しましょう。

ビタミンC

ビタミンCは、抗酸化作用、白血球機能を強化、疲労回復、コラーゲン生成など健康と美容の維持に欠かせない栄養素です。ストレスや紫外線、生活習慣などで損なわれやすく水溶性で身体にストックしておくことができないため、毎日意識して補給することが大切です。

亜鉛

亜鉛は200種類以上の酵素の成分となり酵素反応を活性化させ、免疫機能を調整するために必要なミネラルです。亜鉛不足になると肌荒れや脱毛、味覚障害になることは有名ですが、それ以上に内分泌疾患、神経疾患、腎疾患、骨・筋肉疾患、循環器疾患、胃潰瘍、肝臓疾患、白血病、悪性腫瘍、感染症などが起こる可能性があり、常に補給が必要となります。

ケルセチン

タマネギやブロッコリーなど、身近な野菜に豊富に含まれているポリフェノールの一種です。またケルセチンには、抗酸化作用、抗炎症作用、抗動脈硬化作用、脳血管疾患の予防、抗腫瘍効果、降圧作用、強い血管弛緩作用、が報告されている。安全性も高く、日々の体調管理には必要な栄養素としてFLCCCのガイドラインにも採用されています。

ビタミンA

ビタミンAは最初に発見されたビタミンで、レチノール、レチナール、レチノイン酸の総称で、脂溶性ビタミンに分類されます。鼻、のど、肺などの粘膜の材料となり、上皮細胞の働きを活発にしてウイルスの侵入を防ぎ、感染を予防します。

ビタミンE

脂溶性ビタミンであるビタミンEは、脂質とともに腸管からリンパ管を経由して体内に吸収されます。抗酸化作用が非常に強く、生体膜を構成する不飽和脂肪酸や他の脂溶性成分を酸化障害から守ります。過酸化脂質の生成を抑制し、血管を健康に保つため、COVID-19の合併症対策にもなると考えられる栄養素です。また細胞の酸化を防ぐため、老化防止にも効果があります。

ビタミンK

ビタミンKの主要な作用は、血液凝固に関与するものです。血液が凝固するのには、プロトロンビンなどの血液凝固因子が必要ですが、プロトロンビンが肝臓で生成されるときに、補酵素として働くのがビタミンKです。そのためビタミンKが欠乏すると血液中のプロトロンビンが減少し、血液凝固に時間がかかり、出血が止まりにくくなります。また過剰摂取による弊害はないことが報告されているため安心して摂取していただけます。

カルシウム・マグネシウム

カルシウムとマグネシウムは、体内に広く存在するミネラルです。どちらも生体には不可欠で、カルシウムは骨や歯を構成する、マグネシウムは300種類以上の酵素の補因子となるなど、重要な働きを持っています。お互いに連携して働くため、バランスよく併せて摂取すると効果的です。またビタミンDの効果を発揮するためにもマグネシウムが必要となります。

Other Itemsその他(うがい薬など)

うがい薬

FLCCCのガイドラインでもCOVID-19予防のためにうがいを推奨しています。
また、口腔内のコンディションが体全体の免疫力に影響しますので、歯周病などにも気を付けなければなりません。当オンライン診療では、喉の除菌だけではなく、歯周病に対する治療にも有効なポイックウォーターをご案内しております。

鼻うがい

鼻うがいがCOVID-19に有効であったという報告があり、当オンライン診療においても推奨しております。ご自宅の食塩を使って簡単に鼻うがいができ、花粉症などにも有効です。

参照先:https://doi.org/10.1101/2021.08.16.21262044

血中ビタミンD測定キット

ご自宅で簡単に血中ビタミンDを測定するキットです。
インドネシアの研究では30ng/mlを下回ると死亡率が高い傾向がありました。
(Patterns of COVID-19 Mortality and Vitamin D: An Indonesian Study April26, 2020)
また海外では、目標値を50~80ng/mlにする場合もあります。

漢方薬/生薬丸剤

感冒症状を緩和させる葛根湯や麻黄湯、コロナ後遺症やワクチン後遺症に対応する漢方薬、COVID-19に関する免疫アップのためのこだわり抜いた生薬丸剤まで、幅広く対応いたします。

体温計、酸素飽和度モニター

体温計、酸素飽和度モニターが必要な場合もご対応いたします。

Contactお問い合わせ

オンライン診療のご予約及び
ご質問等ございましたら
お気軽にお問い合わせください。

お問い合わせフォームはこちら
pagetop